SSブログ

フィガロの結婚(その2) [オペラ]

第一幕第一景より第八景

アルマビバ伯爵がスザンナを狙っていることに気がついたフィガロは
早急に伯爵より婚姻承諾をとりつけるべく策略をめぐらせる。

女中頭のマルチェリーナは、フィガロより以前取り付けた
金銭借用書を利用してフィガロとの結婚を策略している。
これに加担するのがセビリアの医師バルトロである。
バルトロはフィガロの策略でバルトロの養女であった
ロジーナをまんまと誘拐されアルマビバ伯爵夫人にされてしまった
こと(「セビリアの理髪師」の経緯)よりフィガロに一矢を報いたいという思いがある。

他方、アルマビバ伯爵の小姓ケルビーノが登場する
(この役は常に女性歌手=メゾソプラノ=が務める)。
ケルビーノは、伯爵夫人を筆頭に
城内の女性という女性に惚れ込む異性に目覚めたばかりの
思春期の少年である。この多感な思いをアリア第6番
「自分で自分がわからない"Non so più cosa son, cosa faccio"」で歌う。


ケルビーノはスザンナの従姉妹のバルバリーナの部屋に
潜んでいるところを伯爵に見つかったばかりだが今度は
スザンナの部屋で隠れているところをまたもや
伯爵に見つかってしまう。
スザンナにもバルバリーナにもどちらにも
気がある伯爵は怒り心頭に達し、
ケルビーノに直ちに軍役につけとの命令を下す。

フィガロはケルビーノに軍役につく際の心構えを
アリアで歌う。では、第一幕第八景第10曲より、
「もう飛ぶまいぞ、この蝶々(Non più andrai, farfallone amoroso)」です~☆
Figaro:Bryn Terfel
Cherubino: Pamela Helen Stephen


FIGARO                     フィガロ
Non più andrai, farfallone amoroso,    もう行けまいぞ、愛の蝶よ。
notte e giorno d'intorno girando;      日夜あたりを飛び回り
delle belle turbando il riposo        美女たちの憩いを乱しには。
Narcisetto, Adoncino d'amor.        可愛いナルシス、愛のアドニスよ。

Non più avrai questi bei pennacchini,    もう許されまいぞ、こんな綺麗な羽飾り
quel cappello leggero e galante,       軽やかなその帽子、
quella chioma, quell'aria brillante,      その長い髪、雅な物腰
quel vermiglio donnesco color.        その女のような紅も。
 
Tra guerrieri, poffar Bacco!          さあ、兵士達の中へ!
Gran mustacchi, stretto sacco.        大きな口髭、固い背嚢、        
Schioppo in spalla, sciabla al fianco,     肩には銃、腰にはサーベル、     
collo dritto, muso franco,           高い襟、勇ましき顔つき、
un gran casco, o un gran turbante,      大きな鉄兜、それとも大きなターバン
molto onor, poco contante!          名誉は多く、金は少なく

Ed invece del fandango,            ファンダンゴを踊る代わりに          
una marcia per il fango.            泥の中を行軍だ。            
Per montagne, per valloni,           山越え、谷越え、
con le nevi e i sollioni.             雪の中を、酷暑の中を、
Al concerto di tromboni,            ラッパの響きに
di bombarde, di cannoni,            臼砲、大砲、加わり
che le palle in tutti i tuoni            弾丸が轟きわたって          
all'orecchio fan fischiar.             耳をつんざく。

Cherubino alla vittoria:             ケルビーノよ、勝利と
alla gloria militar.                軍人の栄光に向けて





Le Nozze di Figaro

関連記事
フィガロの結婚(その1)序曲+第一幕第一景第一曲
フィガロの結婚(その3)第二幕
フィガロの結婚(その4)第三幕
フィガロの結婚(その5) 第四幕(終幕)
モーツァルト30歳・「劇場支配人」と「フィガロの結婚」(ウィーン⑥1786年)



nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 15

コメント 2

Cecilia

この曲カラオケにあるのですが、たまに歌います。
でもやっぱり決まりません。
この歌手の歌い方いいですね。


by Cecilia (2009-04-24 16:32) 

アマデウス

Ceciliaさん!こんにちは~☆
Bryn Terfel は英国出身のbass-baritone でFigaroやDon Giovanni(Leporello役)でスタートしています。Cosi fan tutte(Guglielmo役)等
Mozartのオペラを得意としていますが、 どんどん役割を拡げ、今ではWagnerの非常に重い役もやっています。。。
コメント&ナイスありがとうございます。


by アマデウス (2009-04-25 01:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

カリビアン ダンス犬の散歩屋さん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます