SSブログ

ヒマラヤ山脈を飛び越える鶴 [鳥類]

アンデス・コンドルは標高1800~5200mに生息しているわけですが、

ユーラシア大陸の中央部、特にロシア、モンゴルの大草原で繁殖し、
標高8,000m級のヒマラヤ山脈上空をチベット側からインド側に
命がけで飛び越え、インドで越冬する「鶴」がいます。

その「鶴」の名は「アネハヅル」!

ツル目ツル科アネハヅル属、英名:Demoiselle Crane, 
学名:Anthropoides virgo

世界の屋根ヒマラヤ山脈

標高8,000mのエベレストを頂点とするヒマラヤ山脈越えは
空気が薄く気温も氷点下摂氏マイナス40度!

寒さに耐えて南に向かう過酷な旅!
渡り切ると羽根はボロボロになっているそうです。

姉羽鶴」!
美しい飾り羽を持つことより、
「凛として美しい女性のごとき羽の鶴」
これが名前の由来とか。



DSC01205.JPG
Photo by Amadeus @San Diego Zoo, C.A.


続きを読む


nice!(43)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

コンドルは飛んで行く [鳥類]

トキイロコンドルは一度見たら絶対に忘れない鮮やかな顔と、
羽は白をベースとして尾羽と風切羽(かざきりばね)は黒く
全体に色鮮やかでコンドルの仲間の中でも非常に目立つ存在です。

北はメキシコから南はアルゼンチンまでの熱帯雨林やサバンナ
に生息しています。

ほかのコンドルと同様に腐肉食性動物で、熱帯雨林やサバンナの
上空や河川に沿って、気流に乗って羽ばたくことなく滑空
しながら獲物を探します。

タカ目コンドル科トキイロコンドル属トキイロコンドル種
但し、DNA鑑定結果猛禽類(タカ目)というより
コウノトリ(コウノトリ目)の近縁であることが判明しているそうです。

学名:Sarcoramphus papa
英名:King Vulture
全長:71~81cm
翼開長:170~200cm
体重:3000~3780g
ワシントン条約掲載種
1411920


続きを読む


nice!(29)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

世界最大のコウノトリ [鳥類]

中南米の亜熱帯地域に生息する世界最大のコウノトリを撮ることができました~☆
首に赤いネッカチーフを巻いて、なんだか笑っている様ですね~☆

セイタカコウノトリ
身長:1.5m
羽を広げた時の長さ:2.4m
嘴の長さ:30cm
英名:Jabiru Stork
西名:Garzon soldado
学名:Jabiru mycteria
和名:セイタカコウノトリ(多分?学名の直訳です)

関連記事
コンドルは飛んで行く
南米の大草原にて



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます