SSブログ
保健&トピックス ブログトップ

ブラジルのカポエィラ [保健&トピックス]

公園の一角で輪になって「カポエィラ」を行うグループを見かけました~☆
カポエィラ」は格闘技の様でもありアフリカンダンスの様でもあり、
音楽(ビリンバウと言う弦楽器とタイコと歌)にあわせて行う体操の様でもあります。

1500年にポルトガル人のペードロ・アルヴァレス・カブラルが
ブラジルを「発見」し、その後ブラジルはポルトガルの植民地として
他の南北アメリカ大陸諸国とは異なった歴史を歩むことになりました。

16世紀中頃、サトウキビを中心とした農業を発展させるため、
西アフリカやアンゴラ、モザンビークから黒人奴隷が大量に連行され、
ポルトガル人農場主のファゼンダ(大農園)で酷使されたのです。

奴隷達は時として支配者から理不尽な暴行を受けたり
出身地の異なる奴隷達の間で暴力沙汰に発展する事件も多々あり、
奴隷達は自己防衛の手段としてカポエィラを身につける様になったのです。

また、奴隷同士の喧嘩は見つかったら直ちに喧嘩両成敗で罰せられたので、
喧嘩(決闘)をカモフラージュする為、音楽にあわせたカポエィラがその手段と
なったのです。
DSC00975.JPG

続きを読む


nice!(21)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

新型インフルエンザ(その2) [保健&トピックス]

世界保健機関(WHO) は現地時間4月29日緊急委員会を開催し
新型インフルエンザ(豚由来A型H1N1)の警報フェーズを「4」から
世界的大流行(パンデミック)一歩手前の「5」に引き上げ、現在「6」に
引き上げるかどうか世界の状況を見守っているところです。
(警報フェーズ表については「その1」ご参照)


米国疾病予防対策センター(CDC)が南カリフォルニアで発症した患者から
ウイルスを取り出し、遺伝子を解析した結果以下が判明した経緯があります。。。

①遺伝子の多くが北米の豚にみられるH1N1豚インフルエンザウイルスと一致する。
②ヨーロッパ、アジアの豚に感染しているH1N1のそれぞれ二つの遺伝子を持っている。
③鳥インフルエンザの遺伝子も持っており、更に
④人インフルエンザの遺伝子も持っている。

以上の通りこのウイルスは計4種類の遺伝子が新たに組み込まれている、
「四重組み換え」遺伝子を持っており、更に人から人に感染する
「新しいインフルエンザ(豚由来H1N1)」であることが判明し、
CDC は正式名称を ”2009 H1N1 flu" としています。

米国のマスコミは本日現在でも「豚インフル」を意味する
”Swine flu"として報道を続けていますが、
時々H1N1を括弧書きしているケースも見受けられます。

世界保健機関(WHO)ではこのA型インフルの正式名称を ”influenza A(H1N1) ”
としていますが便宜上"Swine flu"の呼称も残しています。
DSC00108.JPG848524

日本の国立感染症研究所は今回のインフルエンザウイルスが
人から人へ継続的に感染する新しいウイルスによる「新型インフルエンザ」
であると判定し、「新型インフルエンザ(豚由来インフルエンザA/H1N1)」を
正式名称としています。

続きを読む


nice!(16)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ズンバでスリムに~☆ [保健&トピックス]

Zumba Fitness!
どこのフィットネスクラブでもまずZumbaじゃないですか~☆

Zumba....Zumba....Zumba....
英語読みでズンバ、スペイン語ではスンバ。。。

「サルサ」、「メレンゲ」、あるいは「クンビア」とか、ラテンリズムに
のって、楽しく踊って一時間で500キロカロリーから1,000キロカロリーを
燃焼し、スリムになること請け合いとか。。。

発祥地の北中南米はもとより欧州、日本でもその効果が認められ、
各地のフィットネスクラブで採用されているんですね。

ズンバを通じてアフロ・カリビアンリズムとラテンアメリカンリズムが
世界を制覇中って感じですね。

「楽しく踊ってスリムになって」という点が人気を呼んでいるとか。。。
緩やかなダンスと激しいダンスの組み合わせにより、有酸素運動と
無酸素運動の両方を繰り返すことになり、これがスリムな体型と健康体を
つくりだす。。。のだそうです。


Zumba photo.jpg


続きを読む


nice!(22)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

豚インフルエンザ(その1) [保健&トピックス]

メキシコ、米両国で豚インフルエンザに感染したとみられる患者数が1000人を
超え、メキシコでは死者が80人以上、ニュージーランド、フランスでも感染した
疑いのある患者が見つかっておりパンデミック警戒期にあります。

鳥インフルエンザのウイルスが「人から人へ感染するウイルスへの変異」は
まだ起こっていませんが、今回の豚インフルエンザウイルスは「人から人へ感染する」
ものであることが米国で確認され、世界保健機関(WHO)は
「国際的緊急事態と認定した。」と発表しています。

メキシコ、米国両国より日本は豚肉を輸入していますが、豚インフルウイルスは
中心温度71度での調理で死滅するので、調理した豚肉や加工品を食べて
感染することはない。。。とのことです。


(*'(OO)'*) 感染しない様気をつけましょうね~(*'(OO)'*)ブヒ
DSC00110.JPG



続きを読む


nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
保健&トピックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます