SSブログ
ミュージカル ブログトップ

キャッツ [ミュージカル]

ミュージカル「キャッツ」(原題:”CATS”)は、20匹以上の「個性的な猫(Jellicle cats)」たちが
「都会の廃品置場」を舞台に、歌と踊りを繰り広げ、笑いと涙、型破りの演出と振付で
世界的大ヒットとなりました。

14ヶ国語に翻訳され世界の150都市において上演、5千万人以上の観客を動員
しているそうです。。。

ロンドン(ウエスト・エンド)では1981年初演後、約21年間にも及ぶロングラン公演となり、
連続上演回数は8950回という驚異的な記録を樹立しました。

また、ニューヨークでも1982年初演後、約18年間のロングラン公演となり、
連続上演回数7485回を記録し、2006年1月に「オペラ座の怪人」に抜かれるまで
ブロードウェイでのロングラン公演記録を保持していました。

記録を抜かれた「キャッツ」も抜いた「オペラ座の怪人」もいずれも作曲はアンドリュー・ロイド=ウェバー
Andrew Lloyd Webber(英国籍1948年3月22日~)というのもすごいですね。


日本では、1983年劇団四季(振付:山田卓)によって新宿の仮設劇場である
キャッツ・シアターで初演、以後断続的に全国主要都市で上演され続け、
26年間で上演回数は7308回(2009年5月3日)となり、観客動員数は750万人以上
に達し、国内のミュージカル上演回数として最多記録を更新中とのことです。

本年5月3日東京公演は千秋楽を迎えましたが2009年11月からは横浜・みなとみらいで
公演されることが発表されています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆      

都会に住まう20数匹の個性あふれる猫たち(ジェリクル・キャッツJellicle cats)が、
ジェリクル・ムーンJellicle moonの輝く晩にジェリクル舞踏会Jellicle Ballを
開催、みんなで踊り、歌う中で、天上(中層電離層=Heaviside-layer)に昇り
生まれ変われるただ1匹の猫を選ぶという、幻想的なミュージカルですね。

ジェリクルという言葉の意味ですが、 キャッツの原作者(作詞者)、T.S.エリオットの
造語で、「素晴らしい」「抜きん出た」「個性的な」といった様な意味(形容詞)で使われています。
又、Jellicles だけで”Jellicle cats"を意味します。
Jellicle song, Jellicle cats, Jellicle moon, Jellicle ball....ことあるごとに使われていますね。

猫の場合は「個性的でそんじょそこらの街猫ではない猫」「ミラクル猫」といった感じでしょうね。。。
ジェリクル・キャッツJellicle Catsについて日本でのチラシには次の様な説明が
記載されています。

「無限の可能性を秘め、飼い猫になることを拒否して、どんな逆境でも自分らしく
生き抜くことを選んだ猫達のこと」



作曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー Andrew Lloyd Webber
原作:T・S・エリオット(Thomas Stearns Eliot)「キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法」
      ”The Old Possum's Book of Practical Cats”
台本:アンドリュー・ロイド・ウェバー&トレヴァー・ナン
DSC01549.JPG

続きを読む


nice!(45)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
ミュージカル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます