SSブログ
恐竜と化石 ブログトップ

最強の恐竜と化石 [恐竜と化石]

恐竜」という言葉は一般的には「大昔の巨大爬虫類」というイメージで理解されています。
この場合の巨大爬虫類には翼竜や魚竜、首長竜なども含め古代の巨大生物の総称として使っています。

他方、学術用語としての「恐竜」は、地表に生息しているもののみを指し、翼竜、魚竜、
首長竜などは一切含めないそうです。

恐竜は、三畳紀に爬虫類から進化し中生代に繁栄した生物で、恐竜の大部分は白亜紀末期
絶滅しましたが、恐竜から分岐進化した鳥類は現在でも繁栄しています。即ち、現在の鳥類は恐竜の
直接の子孫ということになります。

★三畳紀:現在から約2億5100万年前に始まり、約1億9500万年前まで続く地質時代。
★中生代:Mesozoic era古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つ(約2億5000万年前~約6500万年前)。

最強の恐竜はなんと言ってもティラノサウルス(学名:Tyrannosaurus rex。以後T-rex)
でしょう。T-rexは、約6,850万- 約6,550万年前(中生代白亜紀末期マストリヒシアン)の
北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜で大型獣脚類の1属です。

現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、 恐竜時代の最末期を
生物種として約300万年生きたが、中生代を終わらせた大絶滅によって最期を迎えている。

恐竜の代名詞と言えるほど有名な存在で、『ジュラシック・パーク』等の恐竜をテーマにした
各種の創作作品においては、脅威の象徴、あるいは最強の恐竜として描かれ、高い人気を
誇っている。

成体の体長は約11~13mで、その体重は概ね5~6トンと推測され、驚異的な咬合力
持っていたと考えられ、その力は少なくとも3トン、最大8トンに達したと推定される。

★咬合力(噛む力):一般に人の最大咬合力はその体重程度だといわれる。60kgの人ならそれだけの噛む力を
持っていることになる。

強大な顎と歯のみを武器として使用していたと考えられ、T-rexは非常に強力な
プレデター(predator、捕食者)で生態ピラミッドの頂点に位置する存在であったと
考えられる。

DSC02803.JPG
ティラノサウルス(T-rex)




続きを読む


恐竜と化石 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます