SSブログ

フィガロの結婚(その4) [オペラ]

第3幕は次から次へと巻き起こる不可思議な事態と
自分の面目が潰されたことを嘆く伯爵のレチタティーヴォから始まる。

他方、伯爵夫人はスザンナに伯爵よりの逢瀬の誘いを受ける様に言いつけている。
逢瀬の場には夫人がスザンナに変装して行き、伯爵の浮気心を潰そう
との新たな策によるものである。。。
スザンナは夫人の策に従い、うまく伯爵を誘導し逢瀬の約束をする。

その後伯爵は女中頭のマルチェリーナから訴えのあったフィガロとの婚姻
についての裁判を開始するが、裁判の途中でマルチェリーナはフイガロが
自分と医師のバルトロとの不義の子であることを認める。

結局、マルチェリーナとバルトロは結婚することに決め、二組の結婚式が
挙げられることになる。

こうなると面白くないのは伯爵であり、一人苦虫を噛み潰している。。。


この裁判時の六重唱を含む声のアンサンブルも素晴らしく、ダ・ポンテの「台本と詩」とモーツァルトの音楽が
お互いを引き立てあっている。。。
ダ・ポンテは、「私が言葉を書いてゆくにしたがって彼(モーツァルト)が音楽を付けてゆくのだった。」
と非常に息の合ったコンビであったことを回顧している。


他方、スザンナを待つ夫人は夫である伯爵の浮気心をなげきアリア
”Dove sono i bei momenti"「どこにあるの美しい時は」を歌う;
聴きましょう。。。

伯爵夫人:Hillevi Martinpelto


CONTESSA...................................................伯爵夫人

Dove sono i bei momenti................................どこにあるのあの美しい時は
di dolcezza e di piacer,..................................甘くて楽しいあの時は
dove andaro i giuramenti.................................どこへ行ってしまったの、あの誓いは
di quel labbro menzogner?..............................いつわりの唇がなしたあの誓いは?
Perché mai se in pianti e in pene.....................一体なぜ涙と苦しみで
per me tutto si cangiò,....................................私のすべてが変わってしまったというのに、
la memoria di quel bene..................................あの楽しかった想い出が
dal mio sen non trapassò?..............................私から消えなかったのかしら?
Ah! Se almen la mia costanza.........................あァ!せめて私のまごころが
nel languire amando ognor,..............................愛し続けながらの苦しみの中で
mi portasse una speranza...............................希望をもたらせてくれるなら
di cangiar l'ingrato cor.....................................あの無情な心が変わるという希望を

スザンナが伯爵のところから戻り、伯爵とは庭で会うことになったと
伯爵夫人に報告する。。。
伯爵夫人は、伯爵とスザンナの逢瀬の場所を決める為
スザンナから伯爵に手渡す手紙の口述筆記をさせる。

伯爵夫人とスザンナは小二重唱で
”Sull'aria”(そよ風によせる)「手紙の二重唱」を歌う。。。
聴きましょう。。。

伯爵夫人:Hillevi Martinpelto
スザンナ :Alison Hagley


SUSANNA......................................................スザンナ
"Sull'aria...".....................................................「そよ風によせる。。。」

LA CONTESSA...............................................伯爵夫人
"Che soave zeffiretto..."....................................「なんと心地よい春風が。。。」

SUSANNA......................................................スザンナ
"Zeffiretto..."....................................................「春風が。。。」

LA CONTESSA...............................................「今宵は吹くことでしょう。。。」
"Questa sera spirerà..."

SUSANNA......................................................スザンナ
"Questa sera spirerà..."....................................「今宵は吹くことでしょう。。。」

LA CONTESSA...............................................伯爵夫人
"Sotto i pini del boschetto."..............................「林の松の木の下で。」

SUSANNA......................................................スザンナ
"Sotto i pini...".................................................「松の木の下で。。。」

LA CONTESSA...............................................伯爵夫人
"Sotto i pini del boschetto."..............................「林の松の木の下で。」

SUSANNA......................................................スザンナ
"Sotto i pini...del boschetto..."..........................「林の。。。松の木の下で。。。」

LA CONTESSA ..............................................伯爵夫人
Ei già il resto capirà.........................................もうあの人おわかりになるでしょう。

SUSANNA......................................................スザンナ
Certo, certo il capirà.........................................きっと、きっとおわかりになるでしょう。

☆村娘が大勢訪問し、スザンナとフィガロの婚姻を許す寛大な伯爵の心を称えつつ
伯爵夫人に花束を捧げる。。。
スザンナは折を見て伯爵に逢瀬の場を知らせるピンで留めた手紙を渡す。

伯爵はその手紙を見て大いに喜び、「今夜は盛大な結婚祝賀の宴を催す!」と
村人ほか全員に告げる。。。(第3幕完)





Le Nozze di Figaro

関連記事
フィガロの結婚(その1)序曲+第一幕第一景第一曲
フィガロの結婚(その2)第一幕
フィガロの結婚(その3)第二幕
フィガロの結婚(その5) 第四幕(終幕)
モーツァルト30歳・「劇場支配人」と「フィガロの結婚」(ウィーン⑥1786年)



nice!(30)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 30

コメント 6

塩

ご苦労されて作成されていらっしゃるのに敬意と感謝の意を表します。
振り返りますと、「魔笛」とともに「フィガロ」は私の一番よく見たオペラです。モーツァルトの作曲のうまさを感じます。(凡人がこんなことを言うと叱られますね)

by (2009-07-10 10:16) 

まっちゃん

ご訪問&nice!ありがとうございました。
by まっちゃん (2009-07-10 10:47) 

アマデウス

Dr.塩!こんにちは~☆
いつもご訪問頂きこちらこそ感謝致します。
モーツアルトのオペラは全幕ありとあらゆる場面
すべてがひとつの音楽を構成していますよね~☆
by アマデウス (2009-07-10 12:29) 

アマデウス

まっちゃんさん!こんにちは~☆
こちらこそご訪問頂きありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。
by アマデウス (2009-07-10 12:31) 

Cecilia

今までマルチェリーナ&バルトロと敵対していたのに、親だとわかった後の変わりようのすごさにはついていけませんが、ここの部分も重唱がおもしろいですよね!
手紙の二重唱、誰かと歌ってみたいのですが・・・。
by Cecilia (2009-07-10 21:19) 

アマデウス

Ceciliaさん!こんにちは~☆
モーツアルトの重唱素晴らしいですよね~☆
Cecilia さんの「手紙の二重唱」聴きたいです!
例えば今回の画像にあるスザンナの声は残し、伯爵夫人をCeciliaさんの声と入れ替える操作が出来ると良いですね~☆
by アマデウス (2009-07-10 21:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます